デジタルレントゲン 歯科用CT

■デジタルデンタルレントゲン
一部の歯の状態を知るためにレントゲンを撮りたいとき、当院ではデジタルデンタルレントゲンを使用しています。

デジタルパノラマレントゲン
歯やあごの骨の状態を全体的に把握したいとき、当院ではデジタルパノラマレントゲンを使用しています。パノラマレントゲンを使うと、1枚の写真で全体を撮影することができます。

デジタルセファロレントゲン                                                                                       頭部や顎骨と歯の位置関係を測定するためセファロレントゲンを撮影することができます。

 

■デジタルレントゲンとは
これまでのレントゲンと比べて、デジタルレントゲンは
・少ないX線できれいな撮影ができるので、被ばく量をかなり軽減できる
・撮り直しになることが少ない
・撮影後すぐに使用できる(デジタルなので、現像の時間がかからない)
・パソコンのモニタで濃度の調節や拡大、縮小が可能なので、より的確な診断ができる
・患者さんに分かりやすく説明できる
・現像液を使わないので、環境に優しい
・デジタル画像なので、劣化せずに保存できる
といった利点があります。

さらに、歯科用CTの導入で、3次元画像が見れます。診査・診断の補助に、診療の質       のレベルアップが期待されます。 歯科用CT ベラビューエポックス3D

                       24時間ネット予約受付

駐車場が満車の時は、美術館の駐車場をご利用下さい。(受付にカードを提示下さい。)